北海道紀行 星空と大自然を求めて10日間の旅 その②苫小牧アルテン

キャンプ場

北海道紀行、いよいよ北海道へ上陸です。

北海道全域で悪天候が予想される中、はたして念願の満天の星空は見られるのか?

気象予報をこまめに確認しながらの道内大移動の始まり始まりーっ!

 

今回の旅の目的と日程

 

題名にもあるように、今回の旅の目的は

①空の暗い北海道で満天の星空を見たい(写真も撮りたい)
②北海道の大自然の景色の中でヴェルとキャンプがしたい

の2つであります。なので、いわゆる観光名所には行きません。通りすがりで観れたら寄ってみるかも程度です。

道内には9泊しますが、当初から予約したキャンプ場は到着日の「苫小牧アルテン」と翌日の「スノーピーク十勝

ポロシリキャンプフィールド」だけ。あとは最終日に洞爺湖のリゾートホテル「ザ レイクビューTOYA 乃の風リゾート」

に1泊。最終日ぐらいはちょっと贅沢したいので。このホテルはワンコと泊まれて、食事も一緒に出来るお気に入り。

3年前に先代のワンコと泊まった思い出のホテルでもあります。

上記以外の6泊については、とにかく天気次第で行き先を決めることにしました。

到着翌日から北海道は全域で悪天候が予想されていて、警報級の雨になる可能性も。しかしながら、広い北海道、

どこかには晴れ間があるんじゃないだろうか?ということで気象予報とにらめっこしながらの旅となったのでした。

 

苫小牧アルテンへ

 

さんふらわあ「ふらの」は苫小牧フェリーターミナルに定刻通り13:30に到着し、ヴェルリン号に乗って、まずは今日、

明日の食材の買い出しへ。港近くのマックスバリュへ直行します。

到着日の苫小牧の天気は曇り時々晴れ。予報では雨は明日の午後から降りだす模様。

今日はタープはいらないようです。

買い出し終了から、1時間、15時半頃にアルテンに到着。

ここは、北海道のキャンプ場の中でも高規格なキャンプ場として有名ですね。

オートキャンプ場を目指していくと、ゲートがあってオートキャンプ場の利用者しか入場出来ないようになってます。

更に進むと、右手にセンターハウスが見えてきます。

立派なセンターハウスです。

受付で手続きをして入場。受付横には売店もあります。

センターハウス内の各施設。トイレ、24時間無料のシャワー室、ランドリールーム、みんな清潔です。

 

  

 

今回利用したサイトは?

 

オートキャンプ場は3つに分かれていて、更にアルファベットで細分化されています。

①みずならサイト(A~E)

②からまつサイト(F~M)

③しらかばサイト(P~S)

私が今回利用したのは、からまつサイトのF3。

センターハウスに近く(トイレはセンターハウス利用)、後ろは樹木、前面は広場になっているので、プライベート感も

あるサイトです。

FサイトはF1~F3の3つしか無くて、F3は駐車場スペースが2か所あって広々です。(2世帯用なのでしょうか?

手前側にも駐車スペースが)F2は利用者がいませんでしたので、ヴェルをロングリードでつないでいても大丈夫でした。

センターハウス方向からFサイトを臨むとこんな感じ。西側が樹木で東側が広場となっていて開放感があります。

ただ、夏場は日差しが厳しそうです。今回は曇り気味だったのが幸いしたかも。

炊事場、100V電源は個別についています。

 

場内をひとまわり

 

ヴェルのお散歩に場内をひとまわりしてみました。センターハウスからメイン道路を通って「ゆのみの湯」へ。

ゆのみの湯を通り過ぎて奥に「まきぼの広場」が。本当に広い。

広場から「あそんで池」へ向かい

サイトへ戻りました。日差しを浴びるとちょっと暑いね。でも気温は23℃です。この日、東京は35℃!

 

日帰り温泉施設「ゆのみの湯」へ

 

ヴェルをヴェルリン号の車内に残して、徒歩2~3分で行ける♨施設「ゆのみの湯」へ。

露天に浸かって、しばし、のんびりです。

こうした時に、100v電源でエアコンが稼働できるのは、本当に便利です。室温21℃に設定しておけば、日差しが射しても

車内が高温になることはありません。私がいない時間、ヴェルもだいたい気持ち良さそうに寝ています。

600円の入浴券をキャンプ場のセンターハウス内の券売機で購入すると、3日間有効な入浴券として購入が可能です。

これはお得ですよね。

 

北海道食材はやはり美味

 

さっぱりしたところで今日の夕食。シンプルに焼肉。

お肉も美味しかったけれど、アスパラが絶品です。ただ焼いて、塩をつけてただけなのにバカうま。

さすが北海道と感心してしまう私なのでした。

 

夕食後、降らないはずの雨がポツポツと来たので、濡れると困るものは全て撤収、気温は20℃を下回っていたので、エア

コンは使わず外気導入で就寝です。

翌朝、起きてみると雨はやんでいて天気は曇り。気温は15.7℃、やっぱり涼しい。

 

 

再度、アルテン散策

 

ヴェルさんの朝のお散歩を兼ねて、再度、アルテン内を散策です。

ここはFサイトの後ろ側のGサイト。炊事場は共同になっています。日当たり良好です。

Hサイト。ここも炊事場は共同。日当たり良好。

Jサイト。ここは個別の炊事場付きで、木陰が多いです。J~Mまでのサイトは木陰が多くて、夏場はこちら側がお薦め

でしょう。

Lサイト。

LサイトからMサイト方向。

Mサイト。車はサイトに横方向に駐車するタイプになります。

道路をはさんで向かい側にある「しらかばサイト」のP、Qサイト。ここは電源も無いサイトになります。

同じ仕様のRサイト。

Sサイト。

しらかばサイトと同じ側にある「青少年キャンプ場」。ここは団体用のキャンプ場なのでしょう。

キャンプファイア用のサークル等もあります。

「ゆのみの湯」の対面側はパークゴルフ場。

みずならサイトのA、B区画。このあたりは、区画が曖昧な感じです。

A区画の炊事場。

ゴミステーション。

ゴミは分別して捨てられます。

コテージ村。

ひとまわりしましたが、やっぱりお気に入りは「まきばの広場」。ここはいいね!ヴェル。ドッグラン、作って欲しいね。

楽しかったね、ヴェル。

さて、朝食は簡単にすまして、今日の宿泊予定地「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」に向けて、出発だ。

 

キャンプ場の評価です

 

 

コメントお待ちしています メールアドレス等の入力は任意です

タイトルとURLをコピーしました